アヴァトレード・ジャパン AVATRADEのサービスのメリット
  • Vote Up0Vote Down venynxvenynx
    Posts: 5,149Member
    AVA TRADEは、世界中にグローバル展開しているAvaグループが提供しているサービスのブランド名であり、Avaグループは本社をイスラエルに置くグループ企業です。To get more news about アヴァトレード, you can visit wikifx.com official website.
      Avaグループは規制を守る姿勢を大事にしており、日本で営業する際の日本のライセンスはもちろんですが、ナイジェリア、南アフリカ共和国、オーストラリア、カナダ、チリ運営するうえで金融ライセンスが必要なリージョンでは必ずしっかり、ひとつひとつ、ランセンスを取得してやっていくという態度を堅持しています。キプロスやマルタその他オフショア島嶼国のどこかでライセンスを取得して、世界中(とくに日本人)をターゲットにして運営するという無登録業者とは真逆のポリシーなのです。
    2019年末よりコロナ禍となり「お家時間」が増加しAvaグループ全体としての業績は増えています。
      このことはアヴァトレード‧ジャパンにもある程度当てはまりますが、グループ全体の伸びに比べるとアヴァトレード‧ジャパンの伸びは大人しいものでした。コロナ禍の影響を受けたアセットクラスが、FXよりも、原油や株式、貴金属や暗号資産であったことから、これらの差金決済(CFD)を扱っているアヴァトレード·ジャパン以外のAvaグループ他社のほうが伸びが目立ったということです。
      しかし、アヴァトレード‧ジャパンでは全く異なる理由で取引が伸びています。セミプロ~プロの投資家、つまり勝つトレードを前提とした投資家、トレードが本業である投資家が、この1年で、アヴァトレード‧ジャパンに殺到しました。これはコロナ禍の影響ではなく、金融や投資に関する日本人の考え方が遂に変化してきた、FX業界の問題点がいよいよ浮き彫りにされはじめたからではないかと考えています。
    FXブローカーがFX取引の注文を処理する方法には、極端にわけると、A-BookとB-Bookと呼ばれる2種類の方式があり、NDD方式を採用しているブローカーをA-Book、DD方式を採用しているブローカーをB-Bookと呼びます。
      NDD方式とはディーラーを介さず、インターバンクに注文の際の手数料を受け取るだけであり、投資家が利益を出しても損失を出しても基本的には関係なく、顧客のトレード回数がそのままブローカーへの利益となる方式であり、FXブローカーによる介入がなく透明性の高いトレードができます。

      DD方式は投資家とインターバンク市場の間にFXブローカーのディーラーが入り、実際に注文をするのはディーラーであるFXブローカー側になり、投資家の利益がFXブローカー側の損に繋がります。

      投資者は、A-bookで安心して取引する事ができますが、A-book方式を採用する場合、スリッページで約定拒否が起きやすく、アヴァトレード‧ジャパンの場合、150ロットまでノースリッページを保証しています。

      さらに、日本独自の完全信託保全規制があり、FXブローカーが信託口座に入れている資金(証拠金)は、投資者の資金ではなく、自社の資金を利用している為、アヴァトレード‧ジャパンとアヴァトレード‧グループの実力が問われています。

Howdy, Stranger!

It looks like you're new here. If you want to get involved, click one of these buttons!

Top Posters

Who's Online (0)